本文へ移動
1
8
1
2
6
3

スタッフブログ 2018年まで

スタッフブログ 2015年~2018年まで

おすすめの本 vol.3

2018-07-19
今回の紹介は、「ナオミとカナコ」(奥田 英朗 著)です。
        
売れている作家なので読んだ人も多いと思いますが、まだの人に又勝手におすすめします。  
      
一人の男を殺して海外逃亡をする「ナオミとカナコ」の話ですが、特に話の終わり頃のとても        
執拗な追手から逃れ、逃亡しようとする2人のところは本当の一気読みでした。        
この様なスピード感を文章で表現できることに非常に驚かされます。        
同情すべき犯罪ではあるにしても、犯罪者の逃亡をこれほどまでも応援するのは        
著者の文章のうまさだと思います。        
        
この本のことではないですが、よくタイムスリップが小説に出てきますが、ありえない事を        
読んだときに違和感を感じさせない作家が、好きな作家です。        
        
                                                     〈 今回のコラムはY2が担当しました 〉        
 
TOPへ戻る