本文へ移動
1
8
4
6
9
3

スタッフブログ 2018年まで

スタッフブログ 2015年~2018年まで

危険な裏道

2015-02-17
   私が、毎日通勤に使う道は国道1号線と並走している裏道です。駐車場が、裏道沿いにある為、8時前後にこの道を通ります。
一度、駐車場から車と自転車の交差点への進入状況を一週間調べてみました。 
 道路は、相互一方通行になっていますが比較的見通しのよい交差点です。
調べた時間は、7時45分から8時までの15分間でしたが、自転車については驚きでした。
毎日、15台前後の自転車ほとんど全車が、左右をあまり確認することなく一旦停止せずに交差点内に進入してきました。
自動車も裏道を走行するので、急いでいるのか約半数の車両は完全に一時停止しているとは思えませんでした。
普通の時間帯と比べ、両車両とも通行量が数倍多く車と自転車の接触事故がいつ起きてもおかしくありません。
自転車は、道路交通法上は軽車両で違反をすると罰則が科せられる場合があります。
軽車両とは自転車、馬車、牛車、リヤカー等で、原付バイク、軽自動車のことではありません。
 
 
したがって、一方通行の狭い道路で上記標識がよく観られる交差点では、自転車も全車両に入り必ず止まらないといけません。
また、一方通行の標識の下に「軽車両を除く」とある道路がよくありますが、自転車は軽車両に該当しますので道路を逆走しても問題ありません。
現状、一方通行の道路を逆走しても交差点手前には停止線はありませんが、標識がなくても左右の安全を確認し一旦停止して進行しましょう。
 
 
 どうしても裏道を走行する場合は、交差点で前後・左右を十分確認して進行しましょう。
出来れば、通勤、通学に使う朝の時間帯は、いつもより少し早く自宅を出て裏道をなるべく走らないようにすれば“事故に遭うリスク”が軽減されるでしょう。
                    <今回のコラムはS1が担当しました>
TOPへ戻る